勝手な相場妄Vレポート配信後記20121229

By | 2012年12月30日

今回のビデオレポートはいつもとはちょっと違うことをやってみた。

逆さまチャート

どうってことはないのだけど、僕たちの目は騙されやすいのでね。[hidepost=0]

image

単純にドル円日足を逆さまにしただけ。

 

でも、印象はずいぶん変わるよね。

 

今回のクロス円の上げは2005年の上げを思い出す勢いなんだけど、当然ながらあの時とはちょっと違う。

 

今回は政権交代に絡んで、自民党の経済復興対策への期待じゃないかと思うのだが、経済復興とか日銀人事とか国債発行枠の事をトーク材料として使いすぎてる感じがする。

実際にはこれから着手するわけで、まだ何も始まってはいない。

 

大規模な経済対策で、物価上昇目標とかを掲げているけれど、物価が上がれば良いというものじゃない。

その前に雇用とか収入が上がる施策を考えなきゃねえ。

あんまり先に口先でカードを切りすぎると、マスコミに足を掬われると思う。

 

日経新聞にはこう出ていた。

脱デフレ、3つの提言 日銀総裁に外国人起用も

image

またもや意味のよくわからない記事。

一瞬アベが言ってるのかと思いきや

笑った。

まあ、元々日銀も株式会社なんでねえ。言わんとする事はわかるけど。

 

日銀はジャスダックに上場してるので、日経平均株価と対数比較をしてみた。

この間の日経平均を大きく下回って下げていたことがわかると思う。

チャート画像

まあ、日銀の株価はどうでも良いとして、ただでさえ毛唐に乗っ取られそうな日本なのに、通貨発行権を持つ中央銀行に外国人起用とは!

 

今回のクロス円の上げはどうも気持ちが悪いんだよね。(円売り)

裏ではムーディーズもS&Pも日本の格下げを示唆してるしね。

 

あまり先にカードを見せちゃうと政策がメディアに足を掬われると国債が売り込まれるぞ。

国債売りが仕掛けられて、金利上昇があると利払いがきついと思うがなあ。

舵取りの難しい局面だと思う。

 

一斉に組んで仕掛けられると厄介と思うがね。

 

 

まあ、僕たちのような個人トレーダーは、国政云々ではなく、目の前のチャートから金を抜き取る事に集中すべきなんだけどね。

でも日本に住んでる人はきになるよねえ・・・

一緒に読むとトレードが上手くなる記事: