トレード早漏の治療風景

By | 2011年12月21日

僕も中野もその他の殆どのメンバーは今年のトレードは終わってますが、

チャートに線を引くことだけは欠かさずやってます。

 

image

 

これは21日の午前中のチャット指導の一幕から

『丸さん 1.31863辺りまで 我慢・ですか?』

 

 

このチャットは、多くの合宿メンバーが見ているチャット。

見ているだけでなく、自分の意見や、自分のポジションの画像も投稿する。

 

多くの人が売りたくなるあたりで、

僕がもう少し様子を見るようにと発言して

それに対して中野が壁とステージを見て1.3186辺りと言ってる場面。

 

トレード早漏に関しては、こうやって練習していくと、かなり改善できるわけです。

 

 

これは、1月のセミナーに参加すると体験できます。

 

 

コメントを見ても“早漏”で悩んでいる人がやっぱり多い。

ビデオの中では、僕も早漏だった事を明かしました。

 

これを一人で悩んでは駄目!

 

早漏克服にはパートナーが必要です。

(なんのこっちゃ?)

 

そしてふと気になって、松永さんのブログを覗いてみると、

『マルモトサンが大きく脱線しない事を祈るばかり』

 

 

祈られてる

 

お賽銭をせびりに行こう!

 

 

僕が3会場で同じ事を喋れるか???

 

大筋同じでも、脱線しまくる事は間違い無いと思う。

多くの人が脱線を期待してると思うんだけど?

実際はどっちなんだろか?

一緒に読むとトレードが上手くなる記事: