FXのギャップ攻略の重要なヒント

FXトレーダーの多くが【月曜の窓】とか【月曜のギャップ】というのを聞いた事があると思います。

これは金曜日の終値(業者の表示によっては土曜日)と、週明けの月曜の始値の間が飛んでしまうことを指しますが、一般的に語られているのは、【窓埋め】とか【ギャップ埋め】です。

 

多くの人は単純にそう理解してしまいがちなんですが、そこは疑問を持った方が良いと思います。
確かに、離れて空いてしまった【窓(ギャップ)】はやがては埋めてくるというのが普通なんですが、「やがて」は何時なんでしょうか?

 

例えば、今日(2016/04/18 12時過ぎ)の主要クロス円ペアを見ると以下のような感じです。

主要クロス円ペアのギャップ

主要クロス円ペアのギャップ

この画像は、5分足をぎゅっと縮めたものに4時間足(赤と青の実線で囲ったローソク)と日足(緑とピンクで塗りつぶしたもの)を重ねて表示しています。

 

不用意に【窓(ギャップ)】を埋める方向にエントリーすると危険だと感じませんか?

この記事は制限がかかっています。
全文を読むにはユーザー登録してログインする必要があります。
ログイン ユーザー登録 

0Pipsで指値・逆指値ができるブローカー

 

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ