マーケットから感じる違和感

By | 2018年1月24日

日銀政策決定会合では、政策変更無しとアナウンスされた。

多くの指標の見通しが据え置かれたわけだが、欧米の政策との矛盾が生じた形だ。

幾つかの銘柄を見ていると、違和感を感じる人も多いのではないかと思う。

 

例えば、

日本株とドル円レート。
元々親和性が高いとされているのだが、動きは大きく乖離を起こしている。

米国債の動きとドル円レート。
こちらも真逆の動きとなっている。

 

米国も欧州も引き締め方向へ舵を切っている中で、日本だけが緩和継続としている。


このサイトは登録制です。
このコンテンツはメンバー登録者でメルマガ受信者のみ表示されます。


表示させるには、メンバー登録を行い、メルマガ購読をお願いします。   一定期間のログインが無い場合や登録アドレスにメールがお届けできない場合は、閲覧権限を凍結させて頂きます。
心当りがある場合は管理者まで連絡をして下さい。

0Pipsで指値・逆指値ができるブローカー知ってますか?