チャートの神秘性 Vレポート配信後記

値幅ツール

Tradeってのは値幅を獲りに行くゲーム。

支配している幅を見極めなきゃいけないわけだけど、どういうわけかこれが見えていない人が多いと思う。

ある一定の期間内では、ファンダメンタルズの要素はそう大きくは変わらないわけだから、その中で小さい材料を探してポジション建てをすると、結局のところ、同じような値幅推移となる場合が殆ど。

この記事は制限がかかっています。
全文を読むにはユーザー登録してログインする必要があります。
ログイン ユーザー登録 

0Pipsで指値・逆指値ができるブローカー

個人的な意見ですが、Fibonacci数列より等幅が効いていると思います。

 

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ