自分に合ったトレード手法を考える(ATRを例に)

僕はトレードロジックという言葉を嫌う。

シストレをやっていた頃は意識しなかったのだけど、裁量が主として確立してきたころから違和感を感じ始めた。

トレードには戦略と戦術があり、更に自分の性格や生活スタイルまでもが関わっているので、狭義な意味でのロジックという言葉に合わないのだと思う。

マーケットには何故か繰り返されるうねりのような普遍性があるのだけど、それらを見ながら適当な裁量でやってもそう負ける事はないと思う。

ところが、負け越してしまうとかドカンとやられてしまう時というのは、大概がその普遍性に対して過信した時だ。

 

ここで僕が言う普遍性というのは “だいたい似たような傾向で繰り返される事”

【だいたい】とい部分を自己消化しなきゃいけない。

 

例えばこんな感じ

image

この記事は制限がかかっています。
全文を読むにはユーザー登録してログインする必要があります。
ログイン ユーザー登録 

0Pipsで指値・逆指値ができるブローカーここで言いたいのはロジックが先じゃないって事。

 

これは自分への戒めとしても書いている。

僕も生活スタイルが変わったから、トレードの時間帯が今までとは違うのだ。

参考にしてほしい。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ