ドローダウンの数値はアテになるのか?

image

この画像は、実際のEAのリアルフォワードテストの6月の結果をMT4から出力したもの。

これでみると大きなドローダウンが2つあると思う。

誰しもがドローダウンは嫌だと思う。僕だって嫌だ。

システムを評価する基準として、最大ドローダウンやドローダウン期間などはとても重要で、

この記事は制限がかかっています。
全文を読むにはユーザー登録してログインする必要があります。
ログイン ユーザー登録 

0Pipsで指値・逆指値ができるブローカー

元々、このシステムはファーストエントリーは結構デタラメで、その後のレート推移の結果で追加ポジションを計算して取ってイクものなので、エントリーよりもどう決済して逃げるかに重点を置いた考え方になっている。

まだまだ色々と考えなきゃならないシステムだが、巷でいうことを鵜呑みにしていたならこのような発想のシステムは産まれないと思う。

まあ、この考え方が本当に通用するのかどうかは地道にテストを繰り返してみなきゃ解らないけど・・・
この辺は学問的な理屈よりも実践なんだよね。

まだまだ大きな資金ではイケない。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ