介入前のレートに並ぶ

20110809午後1時頃のUSDJPYのチャート。

結局のところ、介入前のレートとほぼ横並びに…
ここで気になる『次の介入はいつ?』ということ。

G7会合では、単独介入に対してかなり怒られた様子なので
結局のところは、何もできないのかもしれない。

僕が気にしているのは、8月3日に書いた、財務省発言に対して膨らんだ個人投資家のポジションの事。
日銀介入の上げに対して、さっさと利食いした人は良いが、今だ持ち続けている人がいると思う。

つまりこの辺からの下落が面白いかも?

この辺りでの買いエントリーしたポジションが投げるラインはどこだろう。

(ロスカットラインはどこか・・・)

 

意地悪に思うかもしれないが僕はそう考える。

今見える(今見ているチャート)で、どこにシコリが有りそうかを考えて見ることが重要だと思う。

もちろん、突然の介入には気を配るけど…
損する人と得する人がいるならば、得する側にまわるべきだと思う。

まあ、損したくてFXやってる人はいないと思うが…

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ