変態セミナーでのアレをポンド円で見ると

今週は、至るところで変態のアレがナニする週だ。

例としてポンド円1時間足。

変態セミナーで明かした戻り売りポイント例変態セミナーに出てない人もじっと見つめると何かのヒントにはなると思う。

これはほんの一例で、通貨ペアや時間軸を変えると、沢山見つかる。

 

あの時に明かした方法は、通常よく言われるタッチ系の戻り売りとは異なる。

タッチ系とは、トレンドラインにタッチしたらとか、●●MAにタッチしたらというもの。

 

それらを否定はしないが、精度の問題が残ると思う。

変態セミナー参加者は、要復習だよ。

(プライムの松永さんから聞いたよ。復習が必要な人が数名いるみたい)

●あの形状を探す。(あの形状になりそうなところをさがすんだ)

●その時のBBFラインや遅行スパンの形状を確認する

●エントリーポイントとTP&SLの距離感を確認する(壁だよ壁)

ルールを辛くするか甘くするかは勝手。

きちんと覚えて、瞬時に判断できるように訓練してほしい。
簡単だけどね。

 

他の通貨ペアや他の時間軸もしっかり探して、確実なところで行って欲しい。

 

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ