プルバック!戻り売りを捉えるには?

戻り売りとか押目買いはとても有効な手法です。
これらの上達に必須なのが、ブレイクアウトポイントの見極めとなります。

昨日の記事で、その時に機能しているラインを示しましたが、記事をアップした後にそのラインをブレイクしました。

image

この画像のような形状は大チャンスです。
上記の画像の例では、下の赤いラインをブレイクした後に101.7辺りまで一気の下落をし、102.2付近まで戻りを入れています。
丁度、ブレイクラインとなった赤いライン辺り。

 

 

僕の実例から・・・

この記事は制限がかかっています。
全文を読むにはユーザー登録してログインする必要があります。
ログイン ユーザー登録 

0Pipsで指値・逆指値ができるブローカー

因みにこの後は再度のプルバックとなるかどうかを見極めてポジションを建てると良いと思います。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ