為替取引講習会 最終日の内容をシェア

為替取引最終日の内容をシェアします。

トレードというのは自由が沢山手に入ります。

何処にいてもできますし、どんな格好をしていてもOKです。
顔が不細工でも性格が悪くてもOKです。
ちんちんが小さくてもいいし、変体プレイが大好きでもいいのです。

そんな事とトレードは全く関係ありません。

この記事は制限がかかっています。
全文を読むにはユーザー登録してログインする必要があります。
ログイン ユーザー登録 

0Pipsで指値・逆指値ができるブローカー

頑張ればできると思ってる人はたぶん無理です。
僕は頑張るのが嫌いです。

そうやって自分を縛り続けても楽しいと感じる変体だけがトレードに向くと思っています。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

6 Responses to “為替取引講習会 最終日の内容をシェア”

  1. kakashi より:

    講習会受講生です。5日間おつかれさまでした。
    今はまだ混沌としていて、全部がつながっていないけれど、講習会の最中は気付けなかったことが、ふと帰りの飛行機の中で突然「!」したのには自分でも驚きました。最初から答えを知るより、時間かかっても自ずとわいてくる「!」の方が何倍も腑に落ち方が違いますね。

    チャートとも自分とも飾らず真摯に向き合わなければ、続けられるルールはできないと思うので、本当に大変なのはこれからです。
    焦らず自分のペースで取り組んでいきます。そして私もいつか「FXはお金を得る手段の一つ」とブレずに言える人を目指します。

    丸本さんはじめ講師の方々、常に優しく気遣ってくれた仲間たち、
    なぜかわからないけど私を選んだ幸運の神に心から感謝いたします。

  2. kspisuu より:

    お疲れ様です。
    今回の講習会に参加させて頂き本当に有り難うございました。

    こんなに充実した5日間を過ごしたのは久しぶりで講師の方々の貴重な経験談やアドバイスを直接頂け新たな気づきが、沢山ありました。

    例えるなら今までジャンプしても届かなかった蜘蛛の糸を掴んだ気分で辿って行けば暗闇から抜け出せる物と確信しました。

    そしてマルモトさんの言葉は厳しい時も有りますが、その厳しさの中にも優しさが感じられ他のセミナーでは絶対に無い経験です。

    関係者の皆様には、この様な機会を与えて頂いた事に感謝しヘンタイに成りたいと思います。有り難うございました。

  3. Tibikuro より:

    講師の皆様・第1期?のメンバーの皆様、5日間お疲れさまでした!

    みなさんのおっしゃる通り、こんな機会を与えて頂いて感謝してます!!
    ありがとうございます!

    トレードは、一人で行うもので、仲間を作るという事は考えておらず、必要とも思っていませんでした。
    しかし5日間、講師の方や受講生のみなさんと話しをしていると、いろいろな気付きや閃きが起こりました。
    ただ、どんな仲間でもよいよいう訳でもないと思います。
    マルモトさんの周りに集った方々だからこそのだと思いました。

    そして思ったのは、教えて頂いた事はトレードのみならず、他の事にも共通する事が多かったように感じました。
    過去に、自分ルールを作っていたはずなのに、状況・現状・人間関係を理由にして崩してきていたとも思いました。
    きっと、このルールを完成されると、他の事も自然に進むような気がします。

    夜の講義でも凄いお話しを聞いてしまったので、こちらはまた別案件で進めたいと思います。

    これから皆さんと「トレーダー」になれるように、刺激しあって頑張りたいと思います。

    改めて5日間ありがとうございます!

  4. yamada より:

    丸の極セミナー受講感想

    マルモト様、大変お世話になりました。
    また講師のお三方にも講義、夜の部ともに大変お世話になりありがとうございました。

    私は最後に欠員分で選んで頂いたのでこのチャンスを必ずものにしなくてはという思いで参加させていただきました。
    直近は会社で人切りがあり、正直かなり忙しい状況での参加でしたが、充実した5日間となりました。
    5日間の講義を通して絶えず言われたのが「自分で考えること」でした。
    FXで決まったやり方を教わってそのままって言うのが多い中で、自分で考えることで合わない相場が来てももう一度作りなおせばいいという「自分ルール」を自分で作っていけば良いということを学んだんだと思います。
    ルールづくりや検証はこれからになりますが、参加者各人各様でどんどん新しいことに挑戦していける下地は作っていただけたのかと思います。
    みなさんの貴重な時間を割いていただき教育していただいたことを無駄にしないように継続して行きます。
    マルモトさん、講師の方々、そして一緒に勉強した5名の参加者の方々、みなさんとの出会いに感謝し、お礼とさせて頂きます。
    次はレポート&検証がんばります!

    それと今日考えていて思ったのは、マルモトさんは魚の釣り方の基礎を教えてくれたのだなということでした。
    魚がどこにいるか潜って探して、食事はなにをどんなときに食べるのかの観察の仕方といったことを教えてくれたのかなと。
    仕掛けや餌は自分で考え、場所や時期によってうまく釣れなくなってももう一度観察することに戻ればまた釣ることができるようになるということかと思いました。
    では、参加者の皆さんは脱落しないよう、レポート提出→トレーダーの道がんぱりましょう!

  5. inumayu より:

    丸の極受講生です。

    マルモトさん、講師の皆様、課外授業でお世話になった方々、本当にありがとうございました。
    そして受講生の皆様、5日間お疲れ様でした。

    私はこの5日間で長年気づく事が出来なかった大切なことをやっと気づく事が出来ました。
    これは文章にしたり、通り一遍のセミナー解説では決して得られない気づきだと思います。
    またマルモトさんが常におっしゃっている「自分で考える」「すぐ行動する」は、社会のいろいろな場面で役立つことだと思いますし、この二つを常に実践していくことが厳しい自分ルールを守り抜ける人間に成長する「鍵」だと思います。

    まだこのプロジェクトは始まったばかりです。
    これからルール作りや検証を積み重ね、メンバー全員が勝ち組トレーダーになって初めて第1回終了でしょうか。
    次はぜひ今の私のような人達に講師としてアドバイスをしてあげられたらな!と思います。

    チームの皆様、マルモトさんへの感謝の意も込めましてみんなでヘンタイになりましょう!

  6. exist2 より:

    丸本さん、5日間の講義をどうもありがとうございました。
    そして快く特別講義を披露してくださったお三方の講師の方(Mさん、Mさん、Mさん、ああ全員Mだどうしよう。。。)にも感謝してもしきれません。

    今回の講義に関してはルーレットで運を引き当てた自分の巡り会わせを思うに、多大なご恩を受けたと同時に、これを次の人たちへ引き継いでゆく責務を感じています。
    受けたものは返さなければならない。それは自分のためにもそうであり、入りと出のバランスが取れてこその幸せで充実した人生である。丸本さんご自身もそうやっていままで来られてきたんだと分かった次第です。

    丸本さんとのお付き合いは一年半以上になりますし合宿にも参加したものの一人ですが、ここまで内容の濃い時間を共有させていただいたのはさすがに初めてでした。夕方3時から6時までの講義と一日を除いて4日間の膝突き合せた飲み談義。そこにギャンブルマスターの課外授業や東証の見学会まであり、終わってみると本当に濃かった。いったい有料であってもこれほど多面的な切り口からする講義があるでしょうか? しかもそのどれもがトレード、ひいては己の人生いかになすべきか、につながっている講義が、です。

    やはり僕自身そうとうに猫をかぶる人間なのでつきあいが深まらないとどうしても気兼ねなく言葉が出てこない。疑問や質問をあらかじめ用意していってそれを訊く、ということでは解決されないもやもやした部分は、それこそ自分自身でも表現や言い方、テーマを変えて何度でもぶつけることでしか解消されません。
    丸本さんはとても引き出しの多い方なのでいろいろな事例を変えて話していただきました。途中あまりに同じことを訊きすぎて一喝されてしまいましたが、5日間終わった後のこの「腹に落ちた」感が今ハンパありません。そしてじつは講義終了後に体調を崩してしまいました。ほかの方数名もやはりダウンしてしまったようです。それだけ集中を要する内容だったということでしょう。

    トレードについて言えば、講義を受ける前から「あともう少し」というところまでは来ているので、より洗練させていくためにも講義で教わった基本事項はゆるがせにせず、そこからより精度の高いストラテジーを組み立てたいと思います。っといっても、まだこの先にも自分のトレードマニュアルの執筆と提出という宿題が残っているのですね。さらにその先にはトレードで困っている人を一人でも多く手助けできるような人間に成長すること。そうしてはじめて丸本さん、講師の皆さんから僕たちに繋いでいただいた円環を閉じることができるとおもいます。

    あらためて5日間の講義をどうもありがとうございました。本当に楽しかったです。
    そしてこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ