エリカスキャルのあれ

image

待ってる時は中々来ないけど、

随所にチャンスがあるので数撃ちたい人は良い。

勿論、精度を絞り込むと数は減るけど。

 

 

 

image

昨日のチャートではこういうのがあった。

 

結局のところ、パッと見てそれまでの動きから、ブレイクが狙えそうなところをどう見てとるか。

 

で、ブレイクを狙わないで一呼吸置くところがイヤラシイ訳。

 

他の人がイッちゃった後に、おもむろにイクとは・・・・

 

このセミナーに出た人は、この辺の事は整理できたのだろうか??

アレンジの余地もあって良い手法です。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

5 Responses to “エリカスキャルのあれ”

  1. shogo より:

    1時間見ながら5分足で練習してみてます。PSエッジのワンクリック注文を試してみてます。誤発注しそうですが。。

    ブレイクは指しておいて往復で取れれば理想です。

  2. maru より:

    エッジワンクリは肝心な時に動かない事がある!
    ちょっと重い感じだね

  3. cdma777 より:

    エリカさんの動画拝見しました。短時間でしたがビビzと感じるものが。その後の丸本さんのヒントらしきビデオも何度も見ました。
    キーワードの「三角」と「壁」っていう事を注視しながら・・・。

    でも今の私には未だ見えてません。とても苦しいです。

    三角のセミナー動画も再度見ました。

    今のテーマ、ドルが強いのか、円が弱いのかまでは理解できるようになったのですが、その後の方向がどう展開するかまでは見えないのです。諦めたらそこで終了なので毎日短時間でも向かってみたいと思います。

  4. cdma777 より:

    楽しむ。それは三角ビデオで多々言われていることは
    記憶してます。

    見えた→楽しい

    見えない→苦しい

    これはごく普通の人間の感覚だと思います。

    子供のころ自転車に乗れなくて毎日練習して急に乗れるようになった。縄跳びが飛べなくて突然飛べるようになった。

    私は今回の件はそういう性質と思っています。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ