ギャンブル・投機・投資

今日の昼に久しぶりに松永さんとスカイプでミーティング。

先週は1週間ほど旅行していたので、何となく久しぶりだったわけだ。

 

『2012年は多くの人に会おう』

確かそういうことを昨年暮れに決めた。

 

ただ、じゃあ僕が皆さんにお話しできることがあるのかと問われると、あまり思い浮かばない。

 

同じことを2度やるのは面白くないし・・・・

 

僕が話せる実体験ベースでお金に関わる事はあとは海外投資の件やギャンブルの件くらいしかない。

 

マル 『ギャンブルのノウハウでも提供しようか?』

マツ 『いや、それはちょっと業法的にもどうなんですかね?』

マル 『バイナリーオプションとルーレットだとルーレットの方が健全だと思うよ』

マツ 『・・・・』

 

松永さんらしい真面目な困惑で面白かった。

 

僕とのメールのやり取りがある人の中で数人には『ギャンブルを学べ』と指導したことがある。

ギャンブルと言っても、パチンコやスロットや競馬などではなく、僕が健全だと思うのは確率計算が成り立つものだ。

  • ルーレット
  • バカラ
  • ブラックジャック

特にこの3つのゲームは資金管理を学ぶには最高だと思う。

 

欲さえかかなければ結構勝てるしね。

下手するとヘンテコバイナリーオプションの会社って裏がカジノの会社だったりするんだよね。

払い出し率なども、カジノの方が高くて透明だと思う。

 

ブラックジャック

 

つまりねえ、バイナリーオプションなんかをやるのであれば、ルーレットやブラックジャックを覚えて応用すると良いと思う。

偏りを見つけて賭け金をコントロールするほうが容易いよね。

 

 

実際問題として、バイナリーオプションの会社は資金マネジメントの手法を使われると困るので、連続エントリーに制限をかけたりしてる。

 

んで、最近やけに目につくのがバイナリーオプションのサインツールとか(笑)

そんなのに頼らず、おこずかい稼ぎならブラックジャックなどの方が確実だと思うけど・・・

 

ブラックジャック講座とかルーレット講座なんてやると怪しいだろうなあ。

ま、僕も専門じゃないので遊び方に毛が生えた程度しかお話しできないんだが。

でも、正直言って適当にやってても勝てるよ(笑)

 

オンラインカジノなどでは、上限betsに制限があったりするので、単純なマーチンとかじゃ勝てないよ(笑)

ルーレット等では、如何に変な偏りが起こるまで待ってから本格的にかけ始めること。空スピンができれば最高だけど、そうじゃない場合、少額を赤黒とかに両建てしながらじっくり待って賭ける局面を選ぶんだ。

 

『じっくり待ってやり始める』

ほら、僕のFXのやり方ってこんな感じなんだよね。

 

因みに、FXよりもカジノゲームの方が歴史が深いんだぞ!

 

FXでヘンテコポジションとるくらいなら、そっちがギャンブルでルーレットやブラックジャックの方が投資になるかもね?

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

4 Responses to “ギャンブル・投機・投資”

  1. kitty より:

    マルモトさんて、とっても不思議な方ですね。
     ↑
    もちろん、【褒め言葉】です。

  2. maru より:

    kitty さん

    『とっても不思議』と言われると嬉しいです。

    『馬鹿な奴』『変わった奴』『不思議な奴』『怪しい奴』

    僕にとっては心地いいです。

    これからも、絶対に普通だと思われたくないので、不思議道を極めたいと思います(笑)

  3. minyoooru より:

    怪人丸本さん、こんばんは^^
    僕はギャンブルが嫌いです!
    僕はかつて確率計算のみを拠り所として、十数年の間パチンコのみで生活していましたが、(いわゆる)ギャンブルは嫌いです!
    丸本さんのブラックジャック講座?
    ・・・ルーレット講座??!!!!!Σ(゚Д゚;)
    ・・・即決で参加希望デース!!^^

    っと。ブラックジャックは分かるのですが、ルーレットにも確率論的な偏りってあるんですか?!

    • maru より:

      minyoooru さん

      パチンコよりは出目表分析が効くと思いますが、
      ルーレットの場合、リアルカジノでやる際はディーラーが出目コントロールできることを忘れると痛い思いをしますね。
      オンラインの場合は、第三者機構から認証されているところ(それでも怪しいが)でホゲホゲするといいです。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ