金融取引の肝その2 「癖を掴んで立ち回れ」

broker-habit

前回の記事の続きです。

【FXでお金を増やそう】誰しもがそう思って取引を始めると思います。書籍やインターネットを覗くと実に魅力的なことが書いてあります。
(マイナスイメージを書くのはこのブログくらいでしょう)

まず知って欲しいのは、金融取引全般はトレーダーには極めて不利ないくつかの条件が最初からセットされている点です。その中でも【相対取引】に区分されるものFXは、見えている不利条件と見えていない不利条件が存在します。(相対に関しては前回記事で) 見える不利条件で一番わかりやすいのはスプレットですね。じゃあ、そのスプレットが小さい方が良いのか?というと実はそうでは無いところが為替の恐ろしいところです。

この記事は制限がかかっています。
全文を読むにはユーザー登録してログインする必要があります。
ログイン ユーザー登録 

0Pipsで指値・逆指値ができるブローカー

【インターバンクレート直結】【最優良執行方針】??

【インターバンクレート直結】【最優良執行方針】などという言葉を貴方も目にしたことがあると思いますが、言葉だけを見ると良さそうに思いますよね?ところが良い場合も悪い場合もあるのです。

この記事は制限がかかっています。
全文を読むにはユーザー登録してログインする必要があります。
ログイン ユーザー登録 

0Pipsで指値・逆指値ができるブローカーそこでレバレッジをかければ次のラッキーが来ますよ。

 

このブログで紹介したわらしべ長者君は2015のユーロ下落でそれをやって0円でボーナス取得→20万→●●万→●●●万→香港に法人設立!って感じです。

 

僕は安易な気持ちでFXをやるのは反対です。やるならしつこく学ぶことをお勧めします。目先の損得感情でなく、しっかりと考え続ける必要を感じます。

 

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ