ポジションの作り方と資金配分

MP900399268[1]

4本目のビデオを公開しようと思う。

今までのビデオで、わかったような分からないようなモヤモヤした気持ちになった人はこれである程度がわかると思う。

 

機械的にバンバンやっているノーカットビデオ。

つまり、考えることを放棄して賭けているビデオ。

 

少し解説しておくね。

ヨーロピアンルーレットは数字が37通り。各数字が出る確率は1/37。

それらを半分で考えたり約1/3(18/37)又は約2/3(24/37)のエリアに割って考えると色々と見えてくると思う。

賭け方によっても配当が違うので、その辺にも着目しなきゃいけない。

この記事は制限がかかっています。
全文を読むにはユーザー登録してログインする必要があります。
ログイン ユーザー登録 

0Pipsで指値・逆指値ができるブローカー

まあ、乱数相手のルーレットでもなんとかなるわけだから、FXやバイナリーオプションで負けるってのは、あまり考えられない。

バイナリーオプションはちょっと違うハウスエッジがあるのでちと違うのだが、FXの交換レートには絶対的に避けることができない、制度的な穴があるので、ルーレットよりももっとやりやすい。

ただ、ルーレットみたいに好き勝手に結果を早める事ができないのは仕方ないね。

 

今日のビデオ見てもまだわからない人もいるかも・・・
もしそうだったとしても、一応は考えてから聞いてね。

 

ビデオで使っているのはウィリアム・ヒル

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

6 Responses to “ポジションの作り方と資金配分”

  1. shogo より:

    (-^〇^-)
    今日はライブの洗礼を受けて参りました。
    デモとはスピンの速さにだいぶ差がありますね。
    出目表必須かも(;゚Д゚)!

    負け側と
    ロットと
    メンタル
    のコントロール。。。

    FXと共通するところは多々あると感じてます。

  2. yamaguchi より:

    私の理解のための今日のビデオだったようです。ありがとうございます。やっぱり私は楽な賭け方が好きです。maruさんもぎこちなく(?)24箇所にbetしてましたけど、性に合ってないでしょう。(笑)

    自分の腹が痛まないところにS/Lを置くのはFXと同じですね。例えば、24/37が7回・8回と連続する確率なんて、betする前は考えもしませんが「想定外」のことが起こるのが自然と相場と・・といった感じですかね。

    shogoさんの言われる出目表は必須だと思います。24/37だけでなく12/37にもチャレンジする予定ですので、画面上で見られる回数だけでは全然足りません。(笑)

  3. maru より:

    Shogo君
    LIVEでビデオ上げてたね。
    これでもう一つ肩書きができたねえ。
    『ギャンブラー』

  4. itoshu より:

    資金配分の仕方、とても参考になりました。

    個人的には、エクセルで出目表をつけながら1000回まわしました(もちろんでデモ)。
    真ん中に8回連続というのがあって、かたよる時は本当にかたよりますね。
    ただ真ん中の場合は、high側とlow側に分けられるので、そこをうまく攻略できれば何とかなるような気がするような、しないような…。要研究。

  5. maru より:

    itoshuさん 8回どころか僕が見たので最高は13回!
    で・・・13回を基準に戦略を組むとずっと賭けられないので最高連続数値は負けるとして連続回数の出現率で戦略を決めます。
    そうすると、一定数値以上の偏りの際は当然『負けます』が・・・出現率から見てその負けを上回る戦略を見つけるといいのですよ。
    つまり、たまに『ドカン』と喰らっても、勝ち上がるスピードの方が早く、その偏り出現率が多ければいいわけです。
    まあ、負けを許容する考え方です。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ