結局のところ USDCAD 最終話

前回記事前々回記事からの流れでドルカナダのポジションの続報。

 

image

昨夜はドルが動いたね。

 

USDCADの売りポジションを持ったのは前回記事で書いた通り。

BBFカウンタートレード、緑ラインでの仕掛け。

 

ここをファーストポジションとしてゾーン展開するのだけど、ゾーンで仕掛ける場合に忘れてはいけないのが、『勝ち逃げ』すること。

image

 

んで、それだけでは面白く無い!!

 

ドルが動いたと分かったので・・・ドル絡みをさがすと・・・

ここでの探し方は、ドルカナダを保有しているわけだから、ヘッジになるペアがあればGood!なわけ。

 

するとドル円が行けそう。

 

ドルカナダが上昇ということはドル円上昇の可能性は強いのはわかるよね?

その時確認するのは?カナダ円だよ。

そしてその他のドル絡みペアやカナダ絡みペアをザザッと確認しておくこと。

最初はこれをやっても感じないけど、なれると誰でもできるよ。

これは三角関係だよ。

 

というわけで、ドル円チャートと履歴。

image

 

上2段がUSDCAD

下がUSDJPY

 

 

 

当然ながらプラスで終わってますよ(笑)

 

えっ?ロットが小さい?

はい、小さいとき大きい時のメリハリが大事なんです。

 

人様がパニックになるようなときに大きく行って、

昨日みたいに小動きの中からの動き出しは小さく行くんですよ。

 

目先の利益にこだわると大魚を逃します。

 

今回の一連の記事はプライムメンバー向けですよ。

時系列にリンクしておきます。

  1. 週間ビデオレポート
  2. 前々回の記事
  3. 前回の記事

あ、そうそう! チャットしながらトレードしてたので中野女史も同じようなトレードしてると思うよ。

おい!中野!履歴あげてみてよ。

中野女史の記事

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

3 Responses to “結局のところ USDCAD 最終話”

  1. SSK より:

    いつも見ています。
    マルさんのチャートの陰線、陽線の設定と
    ミチさんの設定って逆になってませんか?
    どちらかに統一してくれると見やすいんですが。

  2. SSK より:

    書き忘れました。
    赤、青の設定です。

    • maru より:

      SSK様
      コメント有難うございます。
      僕は陰線が赤で陽線が青。中野さんは陰線が青で陽線が赤ですね。
      これを統一して欲しいと言うのは聞けないですね。

      僕なんかは、複数のブローカーを使ってトレードしてます。
      ブローカー毎にベースとなる色を変えたりして設定しています。
      これは、注文の間違い等を防ぐ為でもあるので、赤青を逆にするとかは
      ちょっと考えにくいです。

      中野さんも同じだと思います。

      チャートは自分好みにカスタマイズするものなのでお許しください。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ