ファンドマネージャーの教科書は?

香港では友人のFXのディーラーと会って食事をしたり、IFA担当者とも懇親を深めた訳だが、その中で興味深い話を聞き、それが僕とも一致していたのでここにシェアしようと思う。

 

意外な共通項があったのだ。

 

それは、スターウォーズ。

 

ダークサイドとの戦いがトレードにも共通すると本気で思っている(笑)

image

 

IFA担当者によると「弊社のチーフマネージャーはヨーダなんですよ」と。

とても興味深いので即効で申し入れ。

『今度会わせてくださいよ』

『いいですよ。今度アメリカに研修に行くんですけど、一緒に行きますか?』

『イクイク!!絶対行くから案内してください!』

 

imageヨーダと話せるならどこにでも行くさ。こんなチャンスないもんね。

 

ついでに米国のバーゲンセールを見てこようと思う。

(投資案件の格安バーゲンがアメリカで行われている。ハズレも多い)

 

 

 

因みに・・・

ルーカスフィルム社はこのスターウォーズで大当りしたのだけど、

ルーカスライセンシング社は暗黒面に落ちたと言われている。

 

エピソード1 ファントムメナスの大ヒットでスターウォーズのキャラクターライセンスを超強気で販売したのがルーカスライセンシング社。

過大なミニマムギャランティーが重たい各社は、ギャランティー回収のために大量に商品供給を行う。

しかし、市場には商品があふれ、すぐに値崩れ。image

 

エピソード2 クローンの攻撃ではこの教訓を生かしたギャランティーとなったと言われている。

市場原理を学べるエピソード。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ