結果的にすごい介入効果??

日銀介入は、結果的にすごい効果があったのかもしれない。

土曜日に米国債の格付け低下の報道がなされ、今朝はG7の緊急電話会議がなされた模様。

(どんな感じで会議するのか…スカイプ会議みたいなイメージなのかね?)

記者会見での野田財務相は以下のような発言をしたらしい。

・必要なら流動性確保などで協調行動をとる
・為替市場の無秩序な投機は金融経済に悪影響を与える
・介入についてG7各国に説明した
・G7は、協調して適切な為替対応をとることで合意した
・米国債への信認は揺らぎない、魅力ある商品だ

 

僕が注目したのは介入について説明したという部分と米国債への信任の部分。

笑える。

 

 

image

8月8日21時45分頃

USDJPY1時間足チャート

 

結局は下がってきちゃった。

 

 

 

あーあ、もっと我慢すればよかった。(笑)

 

さあ、これからNYタイムをしっかり見守ろう。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ