分別ある人達って??ブルームバーグから

米国の債務上限問題での合意の行方が気になっている人も多いと思う。

週明け月曜日はシドニー市場は休場。ウェリントン市場のオープンから東京市場オープンの値動きを注視したい。

以下ブルームバーグ記事より引用  

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=atiO5XnRn5Iw

7月31日(ブルームバーグ):オバマ米大統領と議会指導者は、米国のデフォルト(債務不履行)の期限の2日前に債務上限引き上げの枠組みが浮上する中で、同問題での合意に向けた新たな取り組みを開始した。

  交渉に詳しい関係者が30日明らかにしたところによると、ホワイトハウスと議会共和党は14兆3000億ドルの債務上限の引き上げに関する合意の枠組みを打ち出した。同合意が実現すれば、2012年の米大統領選挙後まで、米政府の借り入れ権限が維持される。

  暫定的な枠組みは1兆ドルの歳出削減を直ちに実施した後、今年中に最高1兆8000億ドルの追加削減を勧告するための特別委員会を創設する内容。

  同関係者によると、特別委は11月の感謝祭の議会休会入り前に行動し、議会は12月末までに勧告を承認する必要があり、実現しなければ、国防やメディケア(高齢者医療保険制度)を含めて、米政府は自動的に全面的な歳出削減に直面することになる。

  交渉に詳しいホワイトハウスの当局者は枠組みが30日夜に浮上したとの報道の後で、同交渉の参加者は最終的な合意に達しておらず、交渉は継続中だと語った。

  共和党は増税を盛り込んだいかなる合意も同党が多数を占める下院を通過しないと主張していたが、同案には歳入増は含まれていない。

  リード民主党上院院内総務は30日、「民主、共和両党の分別のある人たちが合意に達することができると確信している」と語った。

  マコネル共和党上院院内総務もリード氏に先立って、「これまでより楽観的だ」と発言。ベイナー下院議長も合意が達成可能だと自信を示した。

 

さて、この中でどうでもいいところに目が止まってしまった。

“民主、共和両党の分別のある人たちが”

分別ある・・・ そんな人いるんだろうか??

例え合意に達したとしても、問題の本質が変わるわけではなく、そもそもこうなるのは何年も前からわかっているハズ。

今更、『分別』という言葉を使っても信憑性は疑問だね。

まあ、この事は米国だけでなく、日本も同じ。

僕は日本に住んでいないが、いつも日本の事が気になる。

 

さて、この事を受けて、月曜日のマーケットはどう動くだろうか・・・

どっちに動くかはヤマカン予測しても仕方が無いので、冷静にチャートを観察しようと思う。

この報道を見て巻き返しだとの判断は危険だと思っている。

何となくだがスキャルでいっぱい取れそう。狙ってるよ僕は。

ヤマカントレーダーの動きそうな(諦めそうな)ポイントに注視して戦略を考えよう。
ひょっとすると、バイナリーオプションが取りやすいかもね。
その辺はチャートメッセージを読み解きながら…

 

 

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ