トレードで迷ったら戻るところ

トレードで迷う事があると思う。

基本的にトレードは孤独な世界。

チャートの向こうにいる人の顔は見えない。

 

エントリーもイグジットも全てが自分の判断だ。

 

迷ったら何処に戻るか…

 

手法とかロジックを探している人には戻る所が無い人が多いと感じる。

迷ったらネットで他の手法やロジックを探し回る。

これでは上手くなるハズが無い。

 

シンプルに考えればいいのにと思う。

 

チャートは過去のものだ。ここから未来は見えないが、未来を予見する余兆を感じる事はできる。

 

戻るべき所は裸のチャートだと思う。

裸のチャートを眺めて、エネルギーがチェンジしたところに注目すればいい。

 

エネルギーチェンジが起きた所が壁であり、それをつなげばトレンドラインになり、チャネルラインになるのだ。

 

それらは全て人間心理の投錨された歴史そのもので、人間の心理などは容易く進化しない。

 

だから何度も同じような事が繰り返される。

 

繰り返されるポイントが見えたなら、それを元にシナリオを描いてみれば良い。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ