スイスのアレで老舗が破綻した件

アルパリ破綻

Alpari UK が損失をカバーできなくなったそうな・・・

Submitted on Fri, 16/01/2015 – 12:00;

The recent move on the Swiss franc caused by the Swiss National Bank’s unexpected policy reversal of capping the Swiss franc against the euro has resulted in exceptional volatility and extreme lack of liquidity. This has resulted in the majority of clients sustaining losses which has exceeded their account equity. Where a client cannot cover this loss, it is passed on to us. This has forced Alpari (UK) Limited to confirm today, 16/01/15, that it has entered into insolvency. Retail client funds continue to be segregated in accordance with FCA rules.

「スイス国立銀行が対ユーロでの上限を撤廃したことにより、スイスフラン関連の通貨ペアを中心に相場が大きく変動、また流動性の低下が生じました。
その影響により多くのお客様が有効証拠金を上回る損失を被りました。お客様が損失をカバーできない場合、当社に引き継がれます。 その結果、アルパリ(UK) Limitedは本日(2015年1月16日)をもって破綻致します。お客様の資産はFCAの規定に基づき引き続き当社の資産とは分別して管理されております。

 

FXCM(米)も

Leucadia National Corporation and FXCM Announce $300 Million Financing to Permit FXCM to Continue Normal Operations

http://ir.fxcm.com/releasedetail.cfm?ReleaseID=891752

 

サクソバンク(SAXOBANK)

お客様各位
平素よりサクソバンクFX証券をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
急なご案内となりますが、本日のスイスフラン関連のお取引において、突発的なニュースにより市場の流動性が枯渇しました。
弊社では、当時の流動性を精査し、お客様の約定価格と市場価格の確認作業を進めています。
場合によっては約定価格の訂正を行う可能性がございますのでご案内いたします。
該当するお客様につきましては、個別にメールまたは電話にてご連絡いたします。
何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

と・・・

 

XMはどうなんだ???

上記のような発表がある中で、当然ながら僕もヒヤヒヤしていたのですが、
今朝ほど強気の強気メールが届いていました。

昨日のスイス国立銀行 によるEUR/CHF の上限撤廃の決定の結果、XM には影響がないことを弊社のお客様に保証致します。
今回の件における弊社のビジネスへの総括的な影響は取るに足りないものであります。
EUR/CHFに関する最新情報やマーケットコメントは、XMインベストメントリサーチデスクのチーフエコノミストであるミハリス・フロレンティアディスによって提供されます。
http://cts.vresp.com/c/?XMTradingPoint/1bf8e8fdda/f3fc59ca84/876d3c251d

XM強気です!!

 

アルパリからの乗り換えをどうぞ。

こうやって見ると、古いビジネスモデルのところが今回の事象に対応できなかったようですね。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ