日経平均を見ると・・・本当にこれで良いのか?

一昨日香港から帰ってきて、久々にチャートチェック。

ふと思うところがあって、日経平均を見てみると・・・

image

日経平均円建て日足3か月

 

で、同じ日経平均をドル建てでみると・・・

image

日経平均ドル建て日足3か月

image

 

最近のアナリストコメントでは、円安と株価上昇を好ましいと言ってる奴がいるけど、こう見るとかなり疑問が残るよね。

こうやって並べてみると、株価上昇がドル円レートの上昇に追いついてない事が解る

つまり、これだけで見ると、経済的には悪い方向に行ってるようにも見える(これだけで経済を見るのは不可能で、あくまでも側面の一つ)

image

ドル円レートを軸に、ダウ平均と日経平均を比べると、日経平均の弱さが浮き彫りになるね。

円建ての日経平均だけを見ると解らないけど、ドル建てでパフォーマンスを比較すると実力の一端が見えてくるね。

その他の要因も見る必要があるのだけど、ドル円レートが弱含むと、日経平均株価が大きく調整しそうだね。

225採用銘柄の騰落上位を観察してドル円レートの動きで仕掛けると面白いかも。

まあ、僕は株はやらないけど・・・

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ