なにに集中するのか?

 

FXに限らず、大概の投資(投機)にチャートは付き物。

ではチャートとは何か?

 

そう問われて答えられるか?

 

 

何の為にチャートを見るんだろうか?

 

 

右側で勝負するためだよ。

 

 

左に集中するあまりに、右を考えていない人が多すぎ(笑)

 

そして、自分の売買履歴をポイントで追って見た場合に、1枚あたりのPIPSで負けても残高が増えるようにマネジメントするのが資金管理。

 

言ってる意味がわからない?

今日ね、香港のIFAを訪問してたのだが、2011年の某ファンドは期末期首ではマイナス運用なんだが、同じファンドで僕や僕の仲間は結果的にプラス運用なんだよね。

 

IFAからも言われよ

『丸本さん、何故その時期が底だとわかって仕込めたんですか?』

 

『チャートの右側を見ていたから、チャンスだと思って行動した』

それが僕の答え。

もちろん、IFAからの情報提供を参考に考えて行動したのだけど・・・・

 

裏ブログメンバーはなんとなく意味がわかると思うけど、昨年の8月と12月の僕達の行動が全てだったんだよね。

 

つまり、玉ボリュームや時期分散が如何に強い武器になるかということを知り、それをトレードに生かすべきなんだよね。

 

右側を勝負する世界では、あたりはずれがあって当然なんだけど、勝てるようにマネジメントするには、玉のコントロールと、時期(タイミング)を一緒に考えるほうが良い。

エントリーにばかり気をとられている人は、それに気がつけば楽にできると思う。

 

裏ブログのメンバーは、再度そのことをよく考えようね。

登録したが行動に移せていない人は、行動を起こすこと。

 

プライベートバンクの担当者とも話をしたのだけど、まだまだ混乱相場が続く見通しだそうだ。

つまり、混乱はチャンスに変わる。

 

外貨を獲得することをしっかりと考えるといいと思う。

今日のメッセージは読み解くの難解だろうと思う。

しょうがないね。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ