昨日の謎を解説

何これ? と思いましたか?昨日の記事。

 

b5

 

図はユーロドルの日足です。

3と書いてあるのは陰線の連続の事。

昨年の10月28日からの傾向で陰線3本で小反発が続いています。

そして、3本の陰線の後は、陽線2本で、その次は陰線です。

(図は同じ物を再掲です。)

こんなことを何となく感じながらトレードにメリハリを持たせることができるのが裁量トレードの旨みです。

そして今日(1月11日)は、まだ確定しませんが、陰線となりそうですね(21時現在)

追記

日足は業者の締めによって違います。必ずしも貴方のチャートと一緒ではありません。

 

 

単純な事なんですが、テクニカルインディケーターよりも数を数える方が使えるかもしれませんね。

これはバイナリーオプション等ではよくやるやり方です。

 

そうなってくると、1月9日の記事や、プライムに渡した7日のビデオで言った事がそのまま生きてくるわけですよ。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

8 Responses to “昨日の謎を解説”

  1. minyoooru より:

    な、なんと!
    ヒントだと思って考えを巡らせていたのに、ズバリ!答えだったとは・・・
    しかも、数を数えるだなんて・・・
    そんなのが使えるんだ~?!・・・
    9日の記事にしても、今は何のことやらワカリマセンが、
    裁量トレーダーはこういう所をみてるんですね。
    マニュアル読んでるよりもワクワクするし!
    いや~!楽しくなってきたゾー!!

  2. kackn より:

    チャートっていろんな見方があるんですね。
    改めてインジゲーターに頼りすぎず、基本が大切なんだと感じました。

    高校、大学と私は理系人間でしたが、
    数学を解くには色んな方法があって、それをいかに楽な方法で正解を導くかってことをテーマにしてました。
    答えさえ合っていればいいのだからどんな方法であっても楽した方がいいやと。
    まぁ楽な方法も自分で編み出す努力が必要だったり、本質を理解していないと危険なんですけどね。人に聞いて明日にでもすぐ実践できるものもあれば、自分のものにするのに時間がかかったり。
    なんか数学と似てるかなって感じました。

    それにしても凄い事を惜しげもなくサラリと言っちゃうんですね。
    ってまぁ情報を生かすも殺すも本人次第ですが・・・。

    • maru より:

      コメントありがとうございます。

      チャートにインディケーターが沢山搭載されているのは
      ひょっとすると業者の陰謀かもしれませんよ(笑)

      チャートソフトにインディケーターがなければ、皆どうするのでしょうかね?
      たぶん、本数を数えたり線を引いたりするんじゃないですかね?

  3. t.yamauchi より:

    「酒田新値3本」

    先週、図書館でたまたま見つけた相場本を今読んでますが、それに書いてました。昔の相場人って尊敬します。
    このタイミングで、その本との出会い・・・
    引き寄せ?(笑

    • maru より:

      コメントありがとうございます。
      酒田五法は、本間宗久によって編み出された分析方法ですね。
      1724~1803年と言われています。
      江戸時代の米相場ですね。

      残念な事にそのまま鵜呑みにはできません。
      この五法の中には、そのままではFXに流用できない考えが沢山あります。

      否定はしませんが、あまり五法に頼るのはNGですね。
      理由は、値動きの根本となる制度(原則)が違うからです。

      ただし、相場参加者の心理的な要素を鑑みるには参考となる部分も多いと思います。

      • t.yamauchi より:

        BBFを始めて、裸チャートを見るようになってからローソク(値動きの心理的背景とその考え方)が気になっていた時に見つけた本でした。(酒田罫線法 林 輝太郎 著)

        酒田にはいくつか種類があるようで、この本は五法とは別物のようです。
        酒田古来の基本は、線組みパターンではなく、新値を数える事と玉の張り方と逆張りにあり、酒田は本来、予測よりも売買のやり方を重視して発展してきたと考えられるそうです。その為、五法の線組みパターン解説はされていませんでした。

        面白かったのは「順張りは邪道である!」(酒田の考え方)と書いてあったこと。一般論真っ向否定(笑

        「売買方法を見つけても、少し上手くいかなかっただけでその方法をあっさり捨ててしまう人がなんと多い事か。練習せずに上手くなれるわけもないのに」と書いてあった事。練習という言葉が使われている本ってほとんどありませんよね。

        • maru より:

          コメントありがとうございます。
          詳しい説明ありがとうございます。
          前回の僕のコメント返しが的外れですね。申し訳ありません。
          t.yamauchiさんが伝えたいことがよく理解できました。
          僕もその本を入手して読んでみますね。

          ありがとうございます。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ