BBF Advance のトレード Vレポート配信後記20110910

 

毎週のビデオレポートでは、できるだけトレードを見せてあげたいという気持ちがある。

(トレードを見る事自体が直接肥やしになるとは思えないが、きっかけにはなると思う)

 

ところが、僕の場合は、自宅でトレードする場合と事務所でトレードする場合がある。

出先からノートPCでちょこっとエントリーしたりすることもある。

 

つまり、トレードに関しては自分のやりやすいように環境を作っているわけだが、録画の環境は整っていない。

 

そこで松永氏にお願いして、カムタジアのライセンスを追加。

ところが問題発覚。バージョン6とバージョン7の互換性。

バージョン7で作ったものは6だと読み込めない!!

 

なんという意地悪な設計なんだろうか!

しかも7と6ではインターフェイスが違うため、6に慣れた僕には7は非常に使いにくい!!!!

 

う~ん。

 

んで、ここで文句を言っても始まらないので、この環境でもうまくやる方法を考える。

やろうと思ったのだから、そこにちょっとした困難があってもやり切るための思考をする。

 

あるじゃん!やれる方法が。

 

ちょっと不便ではあるけれども・・・

 

そうした中で撮ったのが今回のユーロドル下落の中での買い向かいのポジション。

『ええ?』というようなところからポジションを取る。

さっさと利食いしてまたポジションフリーにする。

 

BBF Advance で明かした後出しジャンケンをする。

 

後出しジャンケンはちょっとコツがいる。

ちょっと練習しなきゃいけない。

 

しかし覚えてしまうと簡単。

 

変態セミナーで明かしたアレとの相性もいい。

トレンド相場で往復でとれたりする。

 

そういうポジション取りを録画してあげたいと思う。

 

しかし!!一番難しいのは、録画しようと準備しても相場がそのとおりのタイミングでは動いてくれないこと。

 

きっとこれにも解決策があるだろう。

 

読者の皆さんに知ってほしいことは、目の前の困難はちょっと違う角度で考えるといくつもの解決策があるということ。

できない事に集中してしまいがちだけど、やるためにはどうすれば良いかを考えればいい。

誰でもできる。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ