非不胎化介入、日銀介入資金の行方 変態が考えるシナリオ。

今回の日銀介入は非不胎化介入だと言われる。

 

では、国民の財産を担保にして調達した金を使って得たドルは何処へ向かうのか?

まあ、またアメリカのご機嫌とりに米国債に向かうのがオチだろう。

 

勝手な憶測だが、菅の後釜を狙う野田の産業界へのPRだろうと思っている。

ごとお日(5日、10日、15日、20日、25日、30日)で代金決済を組む日本の大手産業界への野田PRかと…

問題は9月期決算をどう乗り越えるか。

 

今や世界の経済は慢性病にかかっている状態だと思う。

特効薬はなく、量的緩和はもはや痛み止めにもならない状態だと思う。

お金を作る方法そのものが、怪しい工作であり、実質価値を伴わない状態であるから、そこに印刷した紙を充ててもダメなんだと感じる。

 

僕が一番心配するのは、こういう状態であっても、政治家が選挙のことしか考えてないということ。

こいつらマジで変態だ。

 

まあ、社会批判では何も新たな価値を生み出すことはできないし、それでもお金を求めて生きなければならない世代に生まれたのだから…

 

じゃあ何をする?

 

楽しく稼ぐしかないよね。

 

僕のビデオレポートを見ている人は、本当に今が学ぶチャンスだと思う。

何もしないで経済成長している時には学べない事だらけだからね。

 

今お金の残高が少ない人がひょっとすると一番チャンスかもしれない。

大金をなくすリスクがないから、ちょっと学んで楽しめば簡単に残高が増えるかもね。

 

逆に残高が多い人ほど苦しいのかもしれないね。

無くす恐怖で考え始めるとろくな事がないからね。

それなりの財産を持っている人の方が、今の世の中が辛いかもね。

 

そういう意味では、今回日本がとったレバレッジ規制は良くないね。

円高の進行も原因の一旦かも???

何故かって?

クリック365の開示データを見ると、日本人は外貨を買いで保有するの好きだもん。

レバレッジ規制されちゃうと買い支えられなくなるよ(笑)

 

買いポジションが膨らんでる壁を見つけて、そこに仕掛けられちゃう。

(コレマジだよ!)

 

今週のビデオレポートでは、ナンピン無しで逆張りで口座残高を倍にする話をしたけど、ちょっとした学びが必要。
コレわかると、変態セミナーで明かしたアレよりも稼げるんだけどなあ。

(アレよりはタイミングの測り方はむつかしいけど)

 

僕が会員さんを見ていて思うのは、みんな間違った固定概念を捨てられないから、なかなかシンプルになれないこと。

びっくりするくらい伝わらない(笑)

 

それでもみんな学ぶ気持ちがあり、金に対する欲がある。

学ぶ気持ちはあっても、そこで考えるのは苦手のようで、答えを求める人が多いと感じている。

計算ドリルで答えを見て納得してちゃダメなんだけどね。

マーケットで出てくるのは常に応用問題。だから公式をどう活用するかが鍵なんだ。

 

シンプルなところに着目して考えるんだよ。

 

変なテクニカル論や自分の感情による分析では見えるものが見えなくなるよ。

 

答えはいつもすぐそばにあって、自分で見つけられるところに確実に存在してるからね。

 

今日のビデオの中では、馬鹿という言葉がでてきたと思う。

僕も馬鹿だが、馬鹿なりに考える事はやめない。それが楽しいからね。

 

来週はFOMCだ。

また楽しく儲けよう。

いつもありがとう。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ