転換線(一目均衡)の使い方 手法分解解説 Vレポート配信後記

○~~ ○~~ の変なインディケーターへの問い合わせがきています。
そこで【極】メンバーへ解説を開始しました。一週毎に全てを分解しながら解説していきます。
趣旨的には【ガチ勉強会】では取り上げません。

『流れとタイミング』ロジックとしてはこれに特化しています。

さて、一目均衡表という優れた分析手法があります。遅行スパンはBBFや変態で取り上げているので、今回のやりかたには含めていません。今回のもので重要視しているのが転換線。

勘の鋭い人はこの画像を見れば「はは~ん」と思うでしょうね。

この記事は制限がかかっています。
全文を読むにはユーザー登録してログインする必要があります。
ログイン ユーザー登録 

0Pipsで指値・逆指値ができるブローカー

もちろんこれだけではひげが頻発するようなレンジになるとことごとくやられる訳ですが、ただ闇雲にトレードするよりは精度が上がることは間違いありません。

実際にこの手の考え方で執行パターンを作っているトレーダーも多いのです。

○~~ ○~~ (以前はオタマジャクシと言っていたが、松永が卑猥な方へ想像を働かせていたのでニョロニョロと呼ぶことにします)の中でもこの考え方を使います。

今日の解説は転換線に特化した解説です。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ