Fibo抵抗帯の描き方 Vレポート配信後記

image

今日のビデオはフォボナッチの特殊な使い方をお話しました。
このトピックはXMウェビナーに負けないように・・・とちょっとだけ思いました。

ただし、フィボナッチはちょっと宗教的な神秘さがあって、そこにはまり込むと戻って来られなくなるので、冷ややかに使った方がいいです。

ビデオ内では正引きと逆引きを使って帯を描き、そこからのストーリー展開に関しての例を出して解説しました。

このやり方の名前がないので、なんと表現していいのかが解りませんが、
面白い考え方ですし、コレを日本で話している人もいないと思います。

最初は4時間足や1時間足などで、流れの方向を見据えながら練習するとよいと思います。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ