スキャルの考え方Vレポート配信後記20121006

今日のビデオはプライム事務所にて収録。

スキャルについて触れてみた。

カウンタートレードにせよ変態トレードにせよスキャルへの応用は可能。

 

ただし、その時の上位時間の流れについては十分に気を配る必要がある。
また、異なる二つの戦略を用いた場合や、スキャルとスイングの複合戦略を取り入れた場合は、一貫したポリシーを持つ必要があるんだよね。

今日の話はそんな話。
今日の話は、ロジックマニアには理解できないと思う。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ