チャートに騙されるな Vレポート配信後記20120505

image

今日の収録は計2本。毎週の週刊レポートと、Boon!購入者に向けたスペシャルレポート。

残念ながらBoon!購入者に向けたビデオに関しては見れない人も多いのだと思うが、週刊レポートの中でもちょっとだけ触れたので、参考にしてほしいと思う。

FXにのトレードで勝ちたいばかりにエントリーポイントを必死で探している人は多いと思う(殆どそうだろうなあ)

過去の僕もそうだったわけだが・・・

エントリーの精度が高いに越したことはないのだけど、入口だけじゃなく、出口があってこそのことだ。

出口の確信が無ければ迷ってしまうのは当然。

 

出口と入口をセットで探すのがトレードで安定的に稼ぐための第一ステップなわけだが、元となる情報は多くの場合はチャートポイントだと思う。

チャートは目で見る。

故に見方の部分に基準が無いとチャートそのものに騙されてしまう。

冒頭の画像は、ミュラーリヤー図形という錯覚を起こす線。

上のオレンジの線と下の水色の線の長さは一緒だ。

でも、パッと見た感じでは下の水色の線の方が長く見えてしまうと思う。

一つ前の記事『貴方はトレーダーとしての資質があるか?』でいうミスディレクションにも関係するのだが、チャート判断でミスディレクションは致命的なミスを誘発する可能性がある。

 

何度も言葉を変えて言っているのだが、チャートの自動縮尺には十分に気を付ける必要がある。

この話をすると、多くの人が頷いてはくれるものの、理解して自分の行動に落とし込めている人は少ないと感じる。

Boonソフトを使ったForexTester2の練習場面でも、まず初めにやっつけなきゃいけないのがこれだ。

目や感覚を慣らす必要があるんだよね。

それらをしっかりと体験し、何度も練習してからチャートポイントを探す訓練をする。

チャートポイントとボラティリティーの関係が見えてきたら、そこでの損失許容を考えて、入口出口一対で自分の戦略をあてるんだ。

そういう練習をしないと身につかない。

Boon!ソフトを手にした人は、今日の夜にでも松永氏が配信してくれると思うので、しっかりと見て理解してほしい。

勿論、ここで言う理解とは行動の伴うものを言っている。

『なるほどなあ~』で終わるな。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ