[ドイツ議会、ギリシャ支援交渉開始]なのでユーロ円売ってみた!

image

ドイツの連邦議会で採決されたそうな。(賛成439、反対119、棄権40)
面白いのはメルケルさんがギリシャのユーロ離脱を回避するために支援が必要という趣旨の発言をしたことだ。まあ、切り捨てできない理由があるんだろね。
ちなみにギリシャへの最大の貸し手がドイツだからね。

というわけでチャート形状の妙味もあってユーロ円をオーバーウィークすることに。
ちょうどニョロニョロシステムのテストをしていたので、そのタイミングに合わせて仕掛けてみた。
売りエントリー直後に勢いよく下落してくれたので、利益確定しようかと躊躇したのだけど、面白そうなのでLCラインを入れて放置。月曜の朝が楽しみ。サプライズの上げを喰らうかもしれないけれど、サプライズの下げに乗れるかもしれない。もう損のないところにLCが入っているので、プライスが飛び越して上がらない限りは安泰。

さて、このヘンテコなインディケータは、見ての通り赤ならば売りのスタンス。
一応書いておくけど、赤ならば売りのスタンスとインジケーターが教えてくれるということは、売りたいならば青を待って準備に入るということ。

因みに僕はインディでトレードするのは好きじゃない。
インディを使うと見えるものが見えなくなると思っている派だ。
ただし、ある意味の矯正ツールとして使ったり、分析ツールとして使うのはありだと思っているので、こういった組み合わせもののインディは上達とともに少しずつ外していけばいいのだと思う。

BBFインディでは、偏りと乖離。飛び出しのカウンターやバンドウォークが始まった際の流れをいただくのに適している。(多くの人は変な使い方をしている)

このニョロニョロシステムは流れの方向(つまり執行する向き)とタイミングをみるのに便利な気がする。(ニョロニョロとは ○~~ とか ○~~ と投錨される動的ラインのこと)

他にもロウソク足が赤と青に塗り分けらているのが気にかかる人もいると思うけど、平均足系ではない。一目均衡表に関係する一つの要素を僕なりの解釈で使っている。

興味を持つ人も多いだろう。
ぼちぼち小出しにしていくので後でつなげて行くと良いと思います。
久しぶりにセミナーでもやろうかな・・・

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ