死んだ口座ピンピンしている口座

 

一つ口座が飛びました(笑)

outtatement嫌な予感がしていたのですけどね。

 

配布したEAは堅調です。ハイパフォーマンスを維持しています。

DetailedStatement

この差は何でしょうか?

飛んだ口座の設定の方が安定志向で、パフォーマンスを堅持している方がリスキーなはずなのですが・・・

実はこのシステムの根幹的な考え方は殆ど同じです。
両方とも両建てしてモニョモニョします。
飛んだ方は、こまめに利確していくタイプですが、堅調を維持している方は、必ず両方を決済するタイプ。

こういう掲載の仕方をすると、後者の方が良いシステムのように感じ入るかも知れませんが、その判断はまだ解りません。

飛んでしまった口座の敗因を細かく見ると、ポンドドルのシステムが機能しない状態が続いていることが解っています。
この間の急激な下げですね。

単純に後者の方は急激な値動きに対しても、売り買い相殺してプラスになるまでじっと待っていますから、何とか凌げているだけです。

堅調に見えているだけ。とも言えるかも知れません。

 

 

EAを扱うときは、疑い深く観察してください。
また、テストでよい結果を得られても、疑りは続けた方が賢明です。
損失が出ても困らない状況での運用を心掛けなければなりませんね。

この間の相場は裁量側ではユーロ系ポンド系共に戻ったら売りで簡単に獲れる状況が続いています。

裁量+システムの安定的な技術についてヒントが得られる事象だと思います。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ