xeの口座を作るときのポイント!レバレッジ

資金量の少ない方へのアドバイスがあります。

まず、レバレッジの選択ですが、迷わず888倍を選ぶ事をお勧めします。

『レバレッジが高いと危険なんじゃないですか?』

『怖くて・・・』

と思う方もいるかも知れませんね。

 

 

ここで言うレバレッジというのは、実行レバレッジでは無く、ブローカー側で許容してくれる最大レバレッジの事です。僕はそれを定義上制度レバレッジと呼んでいます。(完全な造語です)

実行レバレッジというのはあくまでも自分でコントロールするものなんですが、制度レバレッジは範囲だと考えればわかりやすいと思います。

簡単に言うと車の最高速度だと思えばいいです。最高速120Kのボロ自動車よりも300Kのポテンシャルのある車で高速道路で100K走行するほうが楽です。追い越しもストレス無く、合流だって簡単です。

しかし!300Kのポテンシャルがあるからと言って、常にアクセル全開は・・・死んじゃいますし、それは走り方そのものが格好悪い。

それと同じでレバレッジは自分でコントロールするもので、そのコントロール域は大きいほうがよいのです。

 

レバレッジ100倍でであれ、888倍であれ、1万通貨で100PIPSのマイナスは共に1万円です。

しかし、制度レバレッジが大きければ使用する証拠金は極小なので、他のポジションを建てることもできますし、やりやすいのです。

ブローカーが表現するレバレッジとは、建てるポジションに対しての必要証拠金のことですから、レバレッジの大きいブローカーのほうが断然有利なのです。

また、資金力が大きいブローカーじゃなきゃできません。

 

 

 

さて、そこで

image

xemarkets口座開設を進める中での注意点。

初回預け入れ予定は、マイクロ口座でもスタンダードでも、2万ドル以下を選択しましょう。(実際はボーナスがあるので1万ドルの入金でも2万ドルの残になっちゃいます)

因みに、マイクロロットを選んでMICROチャートからの注文で0.01とかにすると100通貨での取引ができますから、資金極小の人も成り上がり可能です。

 

以下は参考にしてください。

http://trade-note.org/wp-content/uploads/fxexm.zip

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ