自分に合ったトレード手法を考える 其の2

前回はATRを見ながら、そのペアのボラティリティー発生のピークをだいたいのところで割り出してみた。

↑↑ だいたい というのがミソ ↑↑

 

初心者の方の為に解説しておくけど、ATRは方向性を示すものではなく、値動きの幅を観測するためのもの。

よくありがちなのは、MACDなどのインディと合わせてATRが上昇中に仕掛けるといった使い方だけど、そういうのは僕にとってはちょっと疑問が残るし、嫌い。

そして、ATRを測る時に何本の足から割り出すかというのがパラメーターとなっている。

どんなパラメーターが良いかというと・・・

この記事は制限がかかっています。
全文を読むにはユーザー登録してログインする必要があります。
ログイン ユーザー登録 

0Pipsで指値・逆指値ができるブローカー

ちょうど、今週は香港行きなんで、通常配信は困難なので、このビデオでも流そうかなあ・・・字ズラじゃわかりにくいから、投資の極に登録してる人にはビデオで解説しようかと思ってます。

まだ思ってるだけだけどね。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ