IFAとの契約の流れを考察

何でもそうだけど感謝されると嬉しいね。

 

image

一緒に香港へ行ったメンバーが喜んでいる。

当然僕も喜んでいる。

 

 

 

 

 

 

ちょっとだけ解説すると、

中野の契約するときの心境は微妙だったと思う。

 

というのは、彼女が勤めている会社の社長と会長は既に別のIFAで契約をしている。

その契約内容を聞いてケチ付けたのが僕。

 

この人たちも、まともに理解しないでダメIFAと契約してしまった口。

口座開設もツアー料金ぼったくられて。

口座開設ツアーなるものは、大抵は旅行業法に抵触するんだけどね。

 

んで、僕は弟子の中野に言った訳。

『お主、人柱になって会長と社長の目を覚せ。』

 

その通りにやった中野からの感謝のメッセージが上の画像。

 

契約の流れやその後の流れも雲泥の差のようだ。

 

社長も会長も僕とお酒を酌み交わした仲なので、マジで乗り換えを勧めている状態。

僕には特にメリットはないが、隣人が騙されるのは嫌な話だからね。

 

しかし中野はえらいなあ。

身をもって比較データを取ろうとする思い切りは賞賛。

 

契約書が届いたならば、リアルタイムで残高確認ができるので、ちょっと楽しみが増えると思う。

まあ、長期積立投資なんで頻繁に口座残高を見ても仕方ないのだけどね。

 

彼女の上司の口座はリアルタイム閲覧できないそうだ。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ