『おい、金を持ってこないと殴るぞ』と言われた日本の相場

殴るぞ!金持って来い!

殴るぞ!金持って来い!

 

2016年はそういう幕開けの相場観だ。まあ、本当に舐められたもんだ。

まあ、今日の話はただの妄想なんで、絶対に本気にするな。

 

年明けから何処のメディアも【暴落】って言ってます。

僕は225先物とドル円をずっと見ていて、これは暴落ではないと確信しています。本当の暴落はこれから来ますね。

225とドル円

 

確かに、色々なマーケットが荒れたのは事実ですが、ドル円の動きの小ささはなんでしょうかね?
上記に張った画像の下段がドル円(日足)です。上段は225のCFDチャート。共にXMのものです。

 

アベノミクスと自らが叫んで始めた異常改革のおかげで、ドル円チャートは見事なまでに歪んでいます。
ガンガンお金を刷って、その都度毎に米国に貢いだおかげで戻りを入れないで上げっぱなしになった箇所があります。

 

今回の騒動でも結局レンジのままです。
225の方は良いところまで下げを入れましたからいいのですが、それにしても露骨です。

 

今や日本の株式市場に占める外資の割合は7割です。

知らない人も多いと思いますから、一応書いておきますが、それらはちゃんと公開されています。
http://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/investor-type/00-02.html

ここに行けば様々なデータがエクセルで公開されていますから、そこの数字を拾ってグラフ化すればいいのです。

 

 

 

毛唐どもは、円が安ければ買い物しやすい訳ですから、円安維持をしながら株価暴落を誘導し、日本の投資家に追い証が付いたら即座に買い上げます。

個人投資家がリバウンド狙いの買いを入れてきたらまた落とすのです。もう好き放題です。

 

まあ、これは今に始まったことではなく、相場の世界では当たり前なんですが、世の中で起きている事象と値動きの整合性が明らかにおかしいです。

これらは、売買動向や手口情報を日々のチャートに落とすことを毎日続けて、チャートに現れる節目と値幅を観測すると解るようになります。

 

ドル円チャートだけでもおかしな点がいくつもあります。

 

チャート検証をしすぎて吐き気がするのか、馬鹿げた仕掛けに吐き気がするのか解りませんが、とにかく吐き気がします。

 

アベは悪魔と取引して日本を壊滅に向かわせる気ですね。

日本株を買いからしか取引できないスタイルの方は、すぐにでも先物の売りや為替の売りを覚えて欲しいと思いますね。

 

 

この記事は制限がかかっています。
全文を読むにはユーザー登録してログインする必要があります。
ログイン ユーザー登録 

0Pipsで指値・逆指値ができるブローカー

 

 

 

 

 

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ