ギリシャ もし銀行が開かなかったら

image

ギリシャの銀行は本日は開きません

今日はギリシャ(Greece)の銀行が開きません!
今日と書きましたが、ひょっとすると7月5日の国民投票までシャッターを閉めるのかもしれませんね。
これって結構狡猾な作戦じゃないかと妄想しています。

 

交渉上手と言われるギリシャのリーダーだが

ギリシャは“国民投票”を建前にギリシャ国民の【民意】を謳っていますが、Euro圏からすると冗談じゃない!となりますね。

問題を【Euro圏】として捉えるならば、『お前等みたいなダメ地域の意見はゴミなんだよ』となります。

元々異なる価値観や異なる労働単価や異なる財政基盤を無理矢理統合してEuro通貨を共通としたわけですからね。なのでEU首脳達はギリシャの国民投票は腹立たしいでしょうね。
(まあ、裏で筋書きはできているのかもしれませんがね。表面上はそう見えるだろうという妄想です)

ギリシャ国民投票では欧州連合、欧州中央銀行、国際通貨基金(トロイカ)が提示する条件を呑むか反るかが

この記事は制限がかかっています。
全文を読むにはユーザー登録してログインする必要があります。
ログイン ユーザー登録 

0Pipsで指値・逆指値ができるブローカー

IMFなどから支援を受ける(お金を借りる)とどうなるか?

結構興味深いと思いますが、隣の国を見ると解ります。
・銀行が外資に乗っ取られる
・主要産業が外資に乗っ取られる

そして
・高学歴でも就職できない
・GDPと国民負債が拮抗する(つまり働いた分借金もかさむ)
・貧富格差が広がる

まだまだありますが、まあそんなところでしょう。

 

 

故に、国民投票まではこの銀行封鎖は継続するんじゃないかという自分勝手な妄想です。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ