南の島でやろうか・・・マジで考え中

image

個人的メモ

某 南の国の法人概要
xxxxの公用語はxxxx語・英語、公式通貨はhogehoge.
金融サービス、観光業が発達してきており、経済発展が進んでいる。
xxxxでの法人設立においては顧客の機密保持制度や各種事業ライセンス取得の柔軟性の高さが魅力。

国外の税制と申告
-国外での事業収益に対しては課税が免除される
-法人税、利子税、キャピタル・ゲイン税等の納税が不要
-法人の場合、会計資料・決算報告書の提出が免除される
-xxxx国内に拠点を置く必要は無く、資本金の払込も義務付けられていない
-銀行や証券・保険事業などの専門事業での登記も可能
-会社登記の言語は問わず、会社登録証書に英語以外の表示も可能

国内の税制と申告
通常の国内法人で、国内で不動産購入や商品販売等を目的とした場合、毎年決算報告が義務付けられ、法人税 10~27%が課税される。
しかしながら●●●●●法人として国内の事業展開を行わない場合、国外で発生した事業収益に関する決算申告や収益への課税が免除される。
(法人登記後、20 年間保証)。

 

ここでこういうのを運用してはどうかなあと妄想中。
昨年5月からのコツコツとしたフォワードテストではほぼ合格。

image

ビジネス拠点を何処にしようか?
日本ではあり得んなあ・・・・

 

かなり本気で妄想中なので一度暖かい所に行ってこようかなあ。
今週末か来週か。

ブローカーの協力を得られれば事業化も有りだよなあ。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

3 Responses to “南の島でやろうか・・・マジで考え中”

  1. umigasuki14 より:

    南の島賛成!でもピンと・・・・

  2. shogo より:

    おもしろそうですね!

  3. inumayu より:

    南の島、自分もマジ考えてます!!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ