結局TPPに行くのか・・・妄想

この記事は勝手な妄想なんで本気にするな!

1月23日に行われた政府の経済再生本部の「産業競争力会議」の資料が首相官邸のホームページに有ったので、一応チェックしてやった。俺が日本に居ない間に、どっちに進んでるのか見てやる必要があるのでね。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/skkkaigi/kaisai.html

 

第1のビックリ! 産業界からの参加メンバー

岡 素之(住友商事相談役) 資料
榊原定征氏(東レ会長) 資料
坂根正弘(コマツ) 資料
新浪剛史(ローソン社長) 資料
長谷川閑史(武田薬品社長)資料
三木谷浩史(楽天社長) 資料

そして竹中平蔵さんもいる。

このメンバーで話すんじゃTPPは参加の方向だね。

 
 

第2のビックリ! 三木谷浩史の提出資料の内容。

元々コンプレックスの塊のような男だけど、ちと酷い気がする。

『他国と比べて日本はここが駄目なんだ』

『優れた人間が舵取りすればよくなる』

この2行でまとめられる内容の資料をだした。

TPPの項目については『マスト』と書いてある。何語だこれ?

こんなふうに教えた事は無いのだ。(会った事ないから)

 

更には31P Factor5:「ブランド力(超過収益力)」達成するための打ち手

と大見出しがあり、海外マネーを引き寄せるサービス・コンテンツ作りと銘打たれて『カジノ開設と風営法の緩和』が例として提唱されている。

頭が狂ったとしか言いようがない。

なんで海外マネーを引き寄せるコンテンツがカジノや風俗なんだよボケ!

まあ、例として掲げているのだけで、具体性に欠ける部分があるので、突っ込みどころとしてはちょっと弱いかも知れないけど、こいつ自分の私利私欲しか考えてねえぞ。

大都市の娯楽的魅力というのがカジノや風俗だとしたら、こいつの日常はそんなもんだという逆説的証明になるね。

 

膨大な赤字を抱えた企業のトップがこの会議に居るのもおかしいし、三木谷みたいな私利私欲の権化が居るのも変だと思う。

日本の未来を考えると、ちとさみしいね。

みんな他の国にも自由に行き来できるようにビザの準備をした方がいいな。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ