ユーロ系安心感がないので

image

この画像はユーロドル1時間足。6月8日18時5分ころのキャプチャー。
今週の切り返しでゲジゲジに乗せた推移をしていたのだけど、ゲジゲジの下に入り込む動き。

 

G7緊急電話会合では、日銀介入には否定的な意見は出なかったと報じられている。

そのことを僕なりの妄想で考えると・・・

 

ギリシャの選挙の不透明感とイタリア・スペイン等の問題で、いよいよ手詰まりなので、G7で一番金のある日本に対して、『介入してもいいかも』とサジェストされたんじゃないかあああああ

 

んで・・・だとすると、弱さを認めてしまったことになるよね。

そういう手段でしか下げを止められない手詰まり感で、本邦の金を吸い上げようと青い目が企んでいるような気がする。

毛唐が弱さを認める時って裏があるんだよねえ。

僕が指揮官なら逆向き介入して一気に円高でユーロ潰しちゃうけどなあ。誤発注的な演出でユーロ叩き売れば、世界中が狼狽して・・・ヘッジファンドが投げたところで、一気に買い戻し・・・ヨーロッパの通貨発行権をズタズタにするってどうだろう?

そうすると、戦争だな・・・軍事力がないから無理か・・・

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ