トレード稼ぐために【頑張って努力】は正しいか?

バカと言われるトレーダーの話を前回記事で書いています。彼は物凄い努力家です。ちょっと突き抜けた感じがしませんか?
プライムアセットの社長の松永も、プロになるために2年もの間、100銘柄のチャートを手書きし、紙の上でのトレードをひたすらやっていたそうです(当時はデモトレードの環境がなかったため)

さぞかし辛かったろうなあ~
きっと頑張ったんだろうなあ~

そう思いませんか?

この記事は制限がかかっています。
全文を読むにはユーザー登録してログインする必要があります。
ログイン ユーザー登録 

0Pipsで指値・逆指値ができるブローカー未来をより楽しくするために、現在のチャート検証も楽しんでみてください。マーケットアプローチのエッジ探しも楽しんでください。

 

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ