右側を知る為に右側を使う「投資脳を覚醒させよ」

image

何か新しい学びを得ようとしたときにそれを阻害してしまうのはそれまでの知識だったり習慣だったりする。

投機取引のトレードにおいても顕著にその事が表れる。
代表的な例が「Indicator病」これは最初にIndicatorありきの分析手法を勉強してしまった人が100%罹患する厄介な病気だ。

 

柔軟な思考で状況認識ができないままで数値判断をしようとするので、自己矛盾を起こしてしまう。

この厄介な病の現況は、株や先物や為替の取引を始めるときに、殆どの人が本を読んでしまうことにある。 (証券会社監修のものや雑誌から知識を得た人ほど重篤)

そこには必ずと言って良いほど、Indicatorの説明がされており、「●●だったら買い」等とくだらない洗脳がされる。

フレームワークができていない時に洗脳されてしまう。

フレームワークを簡単に説明すると、物事を理解する為の枠組みだ。
つまり、環境を認識する為の抽象度の高い思考という事になる。

この記事は制限がかかっています。
全文を読むにはユーザー登録してログインする必要があります。
ログイン ユーザー登録 

0Pipsで指値・逆指値ができるブローカー

そうするとまずイメージの情報を右脳が処理してパターンが見えてくるはずだ。
パターンが見えてきたらフレームワークができつつあると喜んでもらいたい。

マーケットというのは投資家や投機家の総意としてレートが決まってくるので、似たような事が何度も繰り返される特徴があることに気が付くだろう。

Indicatorは数値の判断を元にチャート上やサブウィンドウに表示させるので、しっかりとしたパターン認識ができるようになってから使って欲しい。

 

さて・・・
この辺のことは文章で書くと超難解なので
XMの秋又龍志氏に譲ってしまおうと思います(笑)

恐らくですが、トレードと脳の器質に関して紐付けして話せるのは僕と彼くらいしかいないと思う。実際に日本でそれをいってる人は見たことありません。

環境認識とトレードシナリオ(8月6日水)

投資脳とギャンブル脳(8月13日水)

この二つは必見だと思います。僕が太鼓判を押します。

チャートの右側を攻略する為に、右脳のフレームワークを活性化させる。
このフレームワークは左脳にストックされる為、フレームワークが多ければ多いほど環境に適応できる。

右側を鍛えるんだ。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ