元プロでも言い訳は・・・揚げ足獲られるよりも忠実なトレードを心掛ける方がいいんじゃないかね?

 

 

殆どのトレーダーはチャートを元に 未来側の妄想で 自分の資金をリスクにかける。

そんな中で、 “常に完璧”は絶対にあり得ない。

事実、17年間もプロの世界で旨い汁を吸い尽くした男だって間違えてしまう。

 

 

間違いは仕方ないとして、それを指摘された時にどう考えどう行動するのだろうか?

 

面白過ぎる事例として紹介しようと思う。

松永無理な言い訳して、僕に揚げ足獲られたエピソードを紹介します。

 

 

 

ある事を企画してその裏付けとして『押し目買い・戻り売り』だけを日々の糧とするように強制している僕と松永。

 

松永だけでなく僕もそれを自分に強制している。

その一幕の中での出来事をミーティングで報告しあう。

 

僕は教える側なので自分に対してかなり厳しくしているのでストレス満タン。

 

(元々が真っ向の逆張り派 なのでトレンド側に仕掛ける事がストレスでもある。)

 

 

 

で・・・

松永がやってくれたのでニヤニヤしながらビデオを作った。

そのビデオの公開許可を求めたら!(通常、僕は性格的に許可を求めたりしない)

 

そしたら何を血迷ったか、奴は自分で先に公開しやがった!!

 

 

自分のずかしいところを指摘された恥ずかしいビデオを自らが

公開する暴挙。

 

 

プライムメンバーには松永メールが届いていると思う。

感想を求めてるようなので、慰めてあげて欲しいと思う。

 

 

 

なので、僕もこのブログに堂々と載せてやろうと思う。

 

あっはっは!!!

この記事は制限がかかっています。
全文を読むにはユーザー登録してログインする必要があります。
ログイン ユーザー登録 

0Pipsで指値・逆指値ができるブローカー

 

 

 

松永がメンバーに宛てたメールを転載

 

わたし、けっこう温厚なんですが

久しぶりに頭にきてます!



解っていてもできなかった事って誰だってありますよね?

そういう部分を突っ込まれて、プライドが思い切り傷ついてます。


「あの人」からと~ってもイヤなプレゼントが届いて

見た瞬間に血管キレそうでした。
 
手はワナワナ震えるし、口から火を吐きそうでしたよ。
 
いま、

ステップアップのために「あの人」から特別授業を受けているんですが、

それとは別に先週末にちょっとやらかしちゃったので

ミーティングの時に、あやまったんです

そしたらいきなり!
 
【ダメだし】
 
とにかくキビシイんですよ、あの人

正にガンコおやじです。

とにかく散々な言われようでした。
 
しかも、無断で録音しているし画像つけて

渡してくるんだから・・・
 
 し か も ですね!!
 
 
あの人これを自分のブログで公開するって言うんですよ。

恥ずかしいやら頭にくるやらで混乱しちゃいました。





しかし!  中野さんの一言に救われました。
やっぱり彼女は ネ申 です。
いいえ!  女 ネ申 です。
『 私も何度も経験あるよ。 でもね、後で見直してみたら 

  言い当てられたから腹立つわけで、それって自分の肥やしになるよ 』
 
 
後で見直して見るとその通りです。


本当はついつい いつもの癖で値動きに反応しちゃっただけなんです。
 
この動画は ≪絶対≫ に役立ちます。

めちゃくちゃ恥ずかしいけれど、

「あの人」に公開されるくらいなら

潔く自分で公開することにしました!
動画URL
 
 
でも、恥ずかしすぎるのである程度したら

削除します。

早いところ見ちゃってください。


でも!これだけは約束してください、

見るときは必ず一人で見てくださいね。


冒頭から思いっっっきり恥ずかしいですから。



プライムさんだったら、こういう指摘って耐えられますか?

動画URL
 
 
感想送ってくれたらうれしいです。


松永


感想はこのメールアドレスではなく

下のメールアドレスに送ってくださいね。

「あの人」にも見せますので。

↓↓↓
support2★pa-member.com

よろしくおねがいします!
 
転載終わり

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

One Response to “元プロでも言い訳は・・・揚げ足獲られるよりも忠実なトレードを心掛ける方がいいんじゃないかね?”

  1. shogo より:

    私もこの足らへんの5分でショートしてました。すぐ逃げましたが。
    日足みてじっくりやろうと思います。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ