渡米中の金銀暴落、その時の僕の指示は?

渡米中に一緒に居た人達がソワソワしていた。

一緒に居たのは10名程の投資家達。
何を見てソワソワしていたかと言うと金チャート。
流石に投資家集団だけあって、それぞれがペーパーゴールド等に買いを出していた。
定期的に金現物を買い付けている人も居た。

貴金属市場はこの間の重要な壁をブチ抜いて下落していたのだ。

image

僕は一人でぶつぶつ言っていたのだけど、この局面では金よりも銀の方が美味しいと判断。

このブログ読者なら何となく推察できるかと思う。

この記事は制限がかかっています。
全文を読むにはユーザー登録してログインする必要があります。
ログイン ユーザー登録 

0Pipsで指値・逆指値ができるブローカー

この記事を読んだ人は儲けを確定したも同然。儲けたお金を何かの形で社会還元しろ!

※【壁】に関してはFXで言う壁とは性質が若干違うので注意。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ