ドル円の面白いチャート形状

boxinbox

2011年7月18日。

日本は海の日だね。

ドル円で面白いチャート形状が出ているので紹介しておく。

 

大きなBOXに小さなBOXが入っている形状。

こういう形状ってマーケットが迷っている時に出る。

 

4時間足でみるとこんな感じ。boxinbox4

下値トライをして壁を破れず、上値トライをして押し戻される。

その後小幅なもみ合い。

 

 

この形状で長くもみ合ったのが忌まわしい震災の後だ。

大きく円高に振れた後に、日銀介入で暴上げし、落ちてきた後に長いもみ合い期間に入った。

 

まあ、形状は全く同じではないが、この形状は覚えておくと良い。

逆張り派は大きなBOX(壁)を抜けてから仕掛けを考えたほうが良いとおもう。(勝手に仕掛けるのはまさに個人の勝手であるから僕は知らん)

大きなBOXを抜けてからと書いたが、抜け方にも色々あるので注意して欲しい。

時間をかけてダラダラ抜けていく時は僕だったら手を出さない。

 

一気に動くようだったら頃合を見て逆張り&ナンピンでOK。

ただし、ナンピンの撃ち方を殆どの人は知らないと思うので、この記事を鵜呑みにしてしまうとケガをするぞ。

 

小さいBOXを見てブレイク狙いをする人は、早めに利確をおすすめする。

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ