USD/JPYの値幅 今日は米国雇用統計

一昨日の記事で紹介した線がその後どうなったか?

image5

マーケット参加者全体の属性(大きく見たばあいの)が変わらない限り、相場を動かすエネルギーなどはそう容易く変化するものではないと考えています。
なので、一旦効いた幅はしばらくの間効き続けます。これは経験上明らかです。

軸になるところだけ探し出せればその後の相場分析には重宝します。平行線を何本か入れてみるだけですから。

 

ただしこの線だけでトレードしようというものではなく、シナリオを考える上でのガイドラインですね。

USDJPYM30

一昨日掲載した画像は4時間足チャートですが、そのままの状態で30分足で表示したものです。

雇用統計の前ということで停滞しています。

 

ジャクソンホール会見の後に上げてきたドルですが、「利上げする」という発言は個人的には信用していません。
利上詐欺だと思っています。

利上げすると言わなければドルが困ったことになるからだと思いますね。
まあ僕の個人的な思惑はどうでもよくて、雇用統計に参戦する方は事前に壁チェックは怠らないようにしましょうね。

 

 

一緒に読むとトレードが上手くなる記事:

前後の記事:
前の記事:«

次の記事: »

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ